心身が不調な時・・・月星座を満たして幸せになろう

スポンサーリンク

月

皆さんこんにちは、あいみです。

前回は「太陽の活かし方」を書きましたので、今回はについて書いてみようと思います。

人生に疲れたら、月を満たしてあげよう

皆さんはご自分の月星座をご存知ですか?

(このブログをお読みになっている方は、月星座をご存知の方が多いとは思いますが)

太陽が自分の理想像を表すのに対し、月は素の自分を表します

太陽の意思の様に「こうでありたい」というものではなく、月は「理屈抜きにそう思ってしまう」感情であり、ご自分の「心」そのものなんですね。

ですから日常生活上、特に結婚の相性という意味ではお互いの太陽より月が重要になるという訳です。

皆さんは、この「心や感情」そのものである月のメンテナンスをされていますか?

特に心身が不調の時には、是非ご自身の月に対する癒しに取り組んで頂きたいと思います

月ってどんな天体?

Cold&Moist(冷たくて湿っている)、蟹座を支配しています。

ベネフィックであり、太陽と共に、ライツまたはルミナリ―と呼ばれます。

月が表す意味として、

  • 素の人格
  • 無自覚行動
  • 習性
  • 個人の欲求
  • 日常
  • 感受性
  • 母性と保護心
  • 人気
  • ロマンス
  • 変化

マイナスの意味としては、

  • 気まぐれ
  • 移り気
  • 利己的
  • 依頼心

女性原理でもあり、母親または子供を表す事もあります。

ホロスコープ上で、月の役割は?

太陽が社会的立場を暗示するのに対し、月はプライベートを暗示します。

反応などの感受性や、気分の感情を支配し気質を決定します。

特に感情をコントロール出来ない幼少期には、太陽より重要な意味を持つ事もありますし、身近な人に対する接し方として表れやすい、その人の特徴であると言えます。

また、月は幼少期の体験や環境を表し、成長後の家庭生活や対人関係に影響を与えると考えられています。

なぜ月のメンテナンスが必要なの?

太陽は自分の意志で自身の在り方を統制していく天体であるのに対し、月は基本的に自分でコントロールする事は出来ません

太陽を使って自己実現する事は、ハードであってもその頑張りによって太陽が光り輝きますが、月はその様な「意志」を持たず、無防備で傷付き易く、叱咤激励に応えてくれるものではないんですね。

ですからホロスコープ上では、太陽が頑張り、月がありのままで穏やかに満たされている事、そのバランスがとても大切なのです。

星座別、月の満たし方

では、月星座ごとの月の満たし方をご紹介しますね。

牡羊座

自分の衝動に正直に、チャレンジしたり思ったまま活動する

牡牛座

食や美など五感を満たし、自分の気に入ったものを集めたり住環境にこだわる

双子座

変化や知的好奇心を満たし、コミュニケーションや人との会話を楽しむ

蟹座

信頼出来る仲間や家族と感情を共有し、家事をしたり住環境を整える

獅子座

自分をドラマティックに表現し、賑やかな雰囲気やイベントを楽しむ

乙女座

日常生活上の整理整頓や、細々したやり残した仕事を片付ける

天秤座

おしゃれをして人の多い場に出掛けたり、友人と優雅な時間を楽しむ

蠍座

愛する人との一体感を味わったり、スピリチュアルなど一つの事に没頭する

射手座

旅行(遠出)や海外に関わるものに触れたり、哲学や専門的な勉強に取り組む

山羊座

古風なものや高級なものに触れたり、真面目できちんとした生活を心掛ける

水瓶座

しがらみのない関係の中でのおしゃべりや情報のやりとりをしたり、SNSを楽しむ

魚座

献身性を発揮したり、甘え合う事、映画やロマンティックなもの・芸術を楽しむ

まとめ

いかがですか?

ご自分の月の満たし方について、とてもしっくりする!と感じた方が多いのではないでしょうか?

月が欲するものを与え、満足感を得る事で心の弾力を取り戻し、ご自身がこの世に生まれた幸せを存分に味わいましょう

月を満たす事は、心だけでなく身体の健康にも繋がっていきます。

是非、意識して取り組んでみて下さいね!

 

♡o。+..:*♡o。+..:*♡o。+..:*♡o。+..:*♡o。+..:*

 

メール鑑定始めました。

あなたもこのブログの様な鑑定を受けてみませんか?

詳細はこちらです。

鑑定のご案内
いつも当ブログ「あいみの幸せになるブログ」にご訪問頂き、ありがとうございます。 現在、メール鑑定を承っております。 内容につきましては、以下の通りです。 ※申し訳ございません、只今鑑定が混み合っておりますので、10日程のお時間を頂...

♡o。+..:*♡o。+..:*♡o。+..:*♡o。+..:*♡o。+..:*

コメント

タイトルとURLをコピーしました