KinKi Kidsの相性その2 ホロスコープを読む

スポンサーリンク

メール鑑定始めました。

あなたもこのブログの様な鑑定を受けてみませんか?

詳細はこちらです。

鑑定のご案内
いつも当ブログ「あいみの幸せになるブログ」にご訪問頂き、ありがとうございます。 現在、メール鑑定を承っております。 内容につきましては、以下の通りです。 ※申し訳ございません、只今鑑定が混み合っております。 2週間以上のお時間を...

♡o。+..:*♡o。+..:*♡o。+..:*♡o。+..:*♡o。+..:*

 

前回「KinKi Kidsの相性ってどうなの?①」の続きです。

前回の記事はこちら ↓

 

aimiastrology.hatenablog.jp

 

今回は、堂本剛さんのホロスコープを観てみましょう。

堂本剛さんのホロスコープ

f:id:ichigotosakuranbo:20190905194718j:plain

月のアスペクトが多いですね・・・

太陽は牡羊座で9室にあります。

エネルギッシュな行動派で、何事もパイオニアでありたいという気持ちが強く、理想主義者で、常に高みを目指します。

木星とスクエア、海王星とトライン、冥王星とオポジション。

大らかで芸術的才能が豊かですが、内には激しいものを持っています。

太陽はアセンダントルーラーで牡羊座ですから(高揚の座)、時代を読む敏感さと力強さがあります。

更に天王星・ドラゴンヘッドとヨッドを形成しています。

ヨッドは「神の手」と言われる特殊座相で、天才の座相と言われています。ドラゴンヘッドは月と合ですので他者との精神的な繋がりを、天王星は革新と自由を、それぞれ太陽に投げかけているような・・・

ヨッドを持っている人は、非凡ゆえに満たされない気持ちを抱えやすい傾向があります。自分を特殊な人種であると感じたり、孤独を感じがちなところがあります。

剛さんのあのナーバスな芸術家肌の雰囲気は、この太陽によるところが大きいのでしょうか。

月は乙女座で2室。

冒頭で触れましたが、月のアスペクトがとても多いので、感受性が豊かな方ですね。

乙女座の月は、几帳面で自分が役に立つ事に意欲を燃やすようなところがあります。2室にあるのでこだわりは強めです。

金星・水星・火星とオポジションで、木星・天王星とセクスタイル、さらに海王星とスクエア。

慈悲慈愛的で自立心旺盛な個性派ですが、自己愛的で衝動的な面もあり、その上自己犠牲的で情緒はやや不安定な傾向・・・という複雑なキャラクターであることを示しています。心の中で色々な感情が絡み合いがちと推測されます。

水星と金星は魚座ですので敏感で傷つきやすいロマンチスト

あの剛さんの憂いを含んだ繊細な歌声は、まさに魚座の水星金星の賜物なのでしょう。

水星は木星とトラインですから、教養豊かで物腰の柔らかさを表します。

火星は牡羊座で水星と合、木星とトライン。

情熱的で集中力抜群、健全な社会的野心も旺盛です。

木星は12室ですので、楽天的で本能的な防御能力があり宗教心や奉仕の精神を持つ傾向があります。

気になるのが、土星のノーアスペクト

教え導くという役目の土星が他の天体と絡んでいないため、人生上の到達点・目標を定めにくく迷走しがちになります。土星の責任・試練を自らの訓練で模索していかなくてはいけないのです。

天王星がICと合になっているところも特徴的です。

束縛を嫌う自由主義者で、オタク的な気質もあるかもしれませんね。

育った家庭が不安定だったのでしょうか?

タイトな合ですので影響は大きいですが、月とセクスタイルですので、むしろ自分の中で上手く個性として活かしているのだと思います。

 天体のバランスとしては、エレメントとして空気が冥王星のみで少ないですね。

モダリティでは、固定宮が天王星のみで少なく柔軟宮が月・水星・金星・土星と多めです。

一つの事を継続したり、ゆるぎないものに価値観を持たず、常に新しいものを目指し、しなやかに生き抜くタイプと言えるでしょう。

 

堂本剛さん、今後の運勢は・・・?

 さて、剛さんの運勢の流れを観ていきましょう。

現在プログレスの月は水瓶座で、7室を進行しています。

月がディセンダントに合となったのが2017年12月ですので、この頃から新たな社会デビューの時期に入っています。何かしらの環境変化があったのかもしれません。

まだ大分先ですが、2024年1月に月はMCと合・ICとオポジションになり、その後12月には新月を迎えます。10室で起こる新月ですから、社会的立場としての名誉・生まれ変わりという状況が予測されるわけです。ただしICと合の天王星の影響も気になるところです。何が起こるのでしょうか?

トランジットの動きを観ますと、現在トランジット木星が射手座で太陽とトライン。出生の海王星も巻き込んでいますから、クリエイティブで活気のある時期です。

一方トランジット土星は太陽とスクエアですが、月とのトラインも形成していますので、私生活でも自己管理が行き届き心身ともに安定的な生活が送れる時期です。 

次の節目はトランジットの土星がディセンダントと合になる2022年6月以降。

2024年4月にはトランジットの木星がMCと合になり10室を運行しますので、社会的に評価されたり、努力の結果を受け取る時期となるでしょう。天王星の影響も懸念されますが・・・

2024年は、前述したプログレスでの未来予測でも同じような事が予想されていますので、その影響はほぼ確実ではないでしょうか?とても気になりますね。

という訳で、簡単ですが堂本剛さんのホロスコープを解説しました。

次回はいよいよお二人の相性を解説します。

 ※この出生データはインターネット上で得たものであり、正確を保証するものではありません。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました